スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット

少しづつご飯の支度をしたりおきている時間を増やしていて足の痛みも一日ごとではあまり分かりませんが、一週間前と比べたらよくなっているのかもと思っています。
ずっとごろごろとしていたので筋力低下があるみたいで、先週末病院に退院後の初受診に出かけたらすっかり疲れてしまいました。
腿がだるかったり、腰がかったるかったりしていますが、少しづつ頑張るしかないのかなと思ってます。

起きる時にはまだ腰痛ベルトを着用して一日に最低3回は病院で頂いた腰痛パンフレットの体操をしています。
他にラジオ体操。前屈などは出来ませんが、出来る運動を出来る範囲で^^
NHKを録画して実践しています。

そして、コーヒーも一度だけ主人が入れてくれたので少し飲みましたがそれ以外はハーブコーヒーと白湯などで我慢していますよ。


家に居てこんなにインターネットに触れることもなかったのでいろいろ見ていたら・・・本当にいろいろなものが売っているのだなといまさらながら実感。
今まで布ばかり見ていて気づきもしなかった・・・。
そして、外にも出られないのでついついポチッと^^

腰のために購入したものもありますが、全然関係なくお得♪と思ってついつい購入してしまったものも。
写真に撮ったら少しづつご紹介してみます。

手作りブログはどこに行ってしまうやら・・・ですが。


子供達は今週から給食がなくてお弁当を作ったりお昼に帰ってきたりしていてご飯を作るだけで精一杯な私の負担は以外と大きいです。
5時半の起床が復活し毎日お弁当を作る二日間・・・給食がとてもありがたいです。
スポンサーサイト

しょうが紅茶

体調は・・・あまり気にならない時間があったり反対に痛いなぁと思う時間があったりです。
悪くなっているわけでもなく良くもなっているわけでもなくやはりすぐにというわけではないのでしょうね。

痛いときは気持ちを維持するのが大変で、手術してしまおうかなどと思う弱い自分を感じます。


思えば・・・仕事は立ち仕事で場合によっては力仕事もあります。原因のひとつとしてもちろんあると思いますが、他に気になるのは冷えでしょうか。

図書館の新着に体温をあげて健康になるというような内容の本がありました。
予約を入れましたが前に50人以上いるのでまだしばらく読めそうにありません。
でもまさに私に必要なものはこれだぁと思っていろいろ調べたらしょうが紅茶が出てきました。
他に気になっているのがマクロビ。

マクロビはまだチビが生まれる前に玄米ご飯や出来そうなところだけを取り入れてなんちゃってなんですけどね。食生活を見直すには参考になるかなと思っています。

しょうが紅茶はとりあえずお手軽にしょうがチューブと蜂蜜で作って飲み始めました。
暖かい飲み物といえばコーヒーばかりだったのですが、温かい間に飲みきれるわけではなくぬるくても冷たくてもそのままでしたが、しょうが紅茶は温かいうちに飲むと書いてあったのでふーふーとしながら飲んでいます。
しょうがの効果なのか暖かいものを飲んだ効果なのかこれだけで随分体が温まります。

チューブのしょうがでも良いとかダメとかいろいろ書いてありますが、しょうがパウダーとかもあるみたいなので試す価値ありでしょうか。
しょうがでもう1つ気になっているのがハーブコーディアル!
いろいろなハーブから作られていてその中にジンジャーがあります。
ヨーロッパとかでは身近な存在らしいのですが、こちらはちょっと高価な感じがします。
お湯や水、炭酸水で割って飲むのですがとりあえずはしょうが紅茶かな。

このままよくなったとしても、悪くなって手術したとしてもきっと腰を大事にしなくてはいけない生活になるのかと思っています。腹巻や骨盤ベルト、腰椎クッションなどいろいろなものがあるようなのでとても迷いますが、何かよいものありましたら教えてくださいね。

家での過ごし方

痛みはゼロではありませんが、眠れる時間が長くなっていたり横になっている時間が少しづつ減ってきたりと地味ですが、良い方向へ進んでいると取れたいと思います。

かといって出来ることは以外と少なくて昨日も少し食器洗いと思いましたが、シンクって以外と前にかがみますね。
床のものを拾うのも凄く大変なので掃除もかなり難しいです。
そうなんです、家事って結構腰へ負担がかかるんだって改めて思いました。

ミシンも椅子に座ることが出来ないのでもちろん出来ません。

なのでやはり出来ることといえば、本を読んだりテレビを見たりPCといった感じですね。

その中でもやはりPCはとても凄くありがたい存在です。
家に帰ってからまずしたことはヘルニアについて情報を集めました。
体験記や闘病記、診断方法や手術。お勧めの先生やリハビリについてなどかなり読み漁りました。
すべてが自分に当てはまることではないし、書いてあることはそれぞれ違ったりすることもあるし・・・でも知らないことで選択肢が狭まったりするよりはやはりきちんと理解したいと思いましたのでとても役に立ちました。

それから図書館の予約システム!!!

もともと本は大好きなので、この際気になっていたものをチェックして予約しました。
一度に10冊まで予約できるのでいろいろ予約してみました。
新着で洋裁の本は入っていてもなかなか出会えませんが、予約なら少し待てば確実に見れそうです^^

お料理の本や実用書など気になるものがたくさんありますが、何かお勧めあったら是非教えてください。

大きな図書館はあまり遅い時間までやってないのですが、比較的近くになる出張所がかなり遅くまで受け取りができるのでこれまた便利です。


動けるようになったら・・・やりたいこともやらなくてはいけないこともありますが、無理せずあせらず少し欲張らない自分になれたらいいなと思ってます。


大好きだったコーヒーも今はハーブのコーヒーに変えました。(微妙な感じですが、飲めないことはありません^^)
食事も今はなかなか難しいですが、見直しの必要を感じました。
忙しい日々の中で流されがちなことを見直すきっかけにはなったと思います。

退院後

退院してからもいろいろありました。
中でもちょっと辛かったのは暖めると楽になるということで電気毛布を使ったのですが、そのまま寝てしまい次の日にトイレに行くと両足の腿に赤いプツプツがびっしり。
そうです、汗疹発生。痒くてその日は眠れず病院にどうやっていくかを考えとても憂鬱な気持ちになりました。

幸い、いつもお世話になっているアトピーの病院で軟膏を出してもらい今は随分良くなりましたが・・・。


痛みは痛み止めの薬と座薬を使ってですが、朝起きるとやはり痛みがあり午前中は少し痛みが気になりますが、歩いても痛みが強くなると言うことはなく午後は随分ラクになります。
歩くのもトイレだけでしたが、トイレ以外にも少し足踏みをしたり軽く体を動かしたりしながら30分以上起きているのが3回のご飯以外に10時と15時など、少しづつ増えています。

安静と日常生活のバランスにきちんとした答えがあるわけではないし、これに関して言えば治療も同じで朝起きて痛いともう手術したほうがと思ったり午後になってラクになるとこのまま良くなりたいなという欲も出てきます。

家族は・・・協力もしてくれていますが、疲れているのも少し感じます。

痛みは自分にしか分からないところがあるので理解されにくい病気かもしれませんね。



3回目のブロック・・・3

硬膜外ブロックの次の日二度目の神経根ブロックを受けました。

これで良くならなかったら手術かなという先生のつぶやきがあったのでとても不安はありました。
痛みの辛さにいっそ手術してしまおうかと思ったり何も出来ない一日はいろいろな考えがぐるぐるとめぐります。

10年前にヘルニアになった先輩は保存療法で半年かけて治し、今は何もないそうです。
反対に先週ヘルニアの手術をした20代の男の子は抜糸も待たずに暇だからと退院したり・・・。

出来るなら手術はリスクもあるし、怖いし受けたくはないです。
でも、この痛みにどれだけ付き合えばいいのか、どれだけ安静にしていればいいの考えただけで先の見えない不安。あせる気持ち。

最後のブロックは・・・歩行時の痛みがかなり軽くなりあんなに歩くのが辛かったのですが、ほぼ普通に歩けるようになったのです。痛みはゼロではありませんでしたが。


ブロックは大体3回で終了というのが治療のパターンのようで神経根ブロックをしたら退院の話になりました。
でも・・・まだこの状態では帰って家族に迷惑を掛けるため、結局1週間ほどそのまま入院をして10日目に退院となりました。



その間子供達はというと・・・一番チビは義母の所にお泊りして保育園へ。上の二人はパパとお家で過ごしつつ夕食は義母にお世話になっていました。
いくら感謝しても感謝しきれませんが、退院してもすぐに何でも出来るわけもなくまだしばらくお願いしなければならない状況が続いていますが・・・。

入院生活・・・その2

神経根ブロックのあと・・・痛みはラクになったような気がしますがゼロではなく期待が大きかったために軽い絶望感みたいなものを感じたのも事実でした。
一番辛かった左の足の甲から足首が冷え切って骨まで冷えてしまってそのまま痛みに変わったようなものはかなりなくなったのですが、それに隠れて分からなかったと思われる足首からふくらはぎの痛みへと変化しました。
その夜もあまり眠れず、痛み止めの筋肉注射を打ってもらってそのまま吸い込まれるように眠りました。

久しぶりにぐっすり眠って薬ってすごいなぁと思いながら時計を見るとまだ1時前。
9時半くらいに注射を打ったので3時間ほどしか経っていなかったのです。
薬の力とはいえウトウトとしか眠れなかった私にとってはものすごい熟睡だったのでてっきり朝かと思いました。

なれない病院、傷みを伴うブロックをしたのにやっぱり眠れないのかともういっそ足を切り落としてゆっくり眠りたいと思う気持ちになるほど辛い一晩を過ごしました。


ただ・・・次の日からうつぶせもしくは短い時間の仰向けになれるようになりベットの上では随分過ごしやすくなりました。ご飯も食べる気持ちが出てきました。
でも、トイレに歩くとやはり激痛がはしり、トイレはとても辛かったです。

少し良くなったかも?と思いながらも昼間は気を紛らわしながら何とか過ごしていましたが夜はやはり痛み止めを使っても1時間くらい寝ては目が覚めるという3日間を過ごしました。

4日目は硬膜外ブロックをしましょうと朝から言われていました。
お昼は食べられず水分を取れないまま夕方近くなってやっと先生が見えました。
腰椎麻酔で手術を受けられた方は分かるかと思いますが、背骨の間に針を刺すのでえびのように背中を丸めなくてはなりません。横向きさえ辛い私はあまり上手に丸まれず局所麻酔の痛みをしたとはいえ鈍い痛みと戦ったのに結局硬膜外ブロックは出来ませんでした。
先の見えない不安と長い緊張感と痛みと・・・とっても辛かったです。

ご無沙汰しています・・・その1

ご無沙汰しています。

ご無沙汰の理由は・・・入院していました。

腰椎椎間板ヘルニアです。
坐骨神経痛はまさにヘルニアからくる症状の1つだったのですが、だんだん悪化して行きある日眠れないほどの足の痛みに襲われました。
次の日は仕事。眠れない苛々と痛みと明日の仕事をどうするか一晩苦しみ朝はなんとか出勤しました。

でも、尋常ではない痛みに不安は覚えていたので職場の責任者の方に相談し仕事が落ち着いた時点で病院へ。

レントゲンでは多少狭い部分があるもののMRIを撮らないと診断は出来ないということで予約だけを取り、痛み止めなど処方され一度帰宅しました。

痛み止めの内服を飲んでも座薬を使ってもやはりその日も痛みとの戦いで眠れず、予約の日までとても待つことが出来ずに再度受診しました。



二回目の受診で急遽検査をしてもらえることになり診断名が椎間板ヘルニアでした。
とりあえずブロック注射には3種類あって最初は一番痛みの少ないブロックをということで仙骨裂孔ブロックをしましょうということになりました。

ブロック注射というだけでとっても怖かったのですが、この注射本当に痛かったです。
どこに?本当にお尻のすぐ上の辺りに麻酔薬と炎症を抑える薬を打ちます。
怖いのと足の痛みと注射の痛みでこの年になって涙が出ました。

足の痺れが少しあり、痛みは・・・微妙に軽くなったような気がして一度帰宅しました。
眠れない日が二日続いていたのでしばらくウトウトしたものの夕方にはやはり耐え切れない痛みと戦っていました。

病院に行くにはどうしても車に乗らないといけないのですが、座るのが痛みを更に増強させることと、診察を待つ時間がずっと立ちっぱなし。何より眠れない痛みにもう気持ちが折れてしまいそうでもう二日目の夜には入院の準備をして三日目の受診となりました。



初日にも進められた入院だったのでもう入院させてくださいとそのまま入院し、その日のうちに神経根ブロックをしました。これは局所麻酔の注射の痛みのあと神経に針が刺さった瞬間にびりっと足に痛みが走ります。
そのあと薬が入る一瞬痛みが更に走ります。
そんなこんなで出産以外で人生で始めての入院という体験をしました。





FC2ブログランキング
応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

Basic Calendar
<02 | 2010/03 | 04>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kaatann*

Author:kaatann*
旦那様・高校生の長女・中学生の長男・小学生の次女そして私の5人家族です。


気軽にコメント残していただければうれしいです。

管理人が不適切と判断したコメント・TBは連絡なく削除させていただきます。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。